【筋トレを始めたいひと必見】オススメのダンベル5選

2021年5月18日

はじめに


筋トレを始めたいけれどフィットネスジムに通うのはお金がかかる、、、

だからといって自重トレーニング(腕立てや腹筋など)を家でするのはすぐに飽きてしまうというひともたくさんいると思います。

そういう人にはダンベルを買うことをオススメします! 筋トレ器具の中でも非常にシンプルかつ色んな部位を鍛えられるので、これ1つあれば家でも十分鍛えることができます。また、さまざまなトレーニングメニューがあるので飽きることなく鍛えることができます!

選びかた


ダンベルと一言で言っても種類や価格帯など、選ぼうとするとどれにすればいいか、予備知識がないとわからなくなります。それらの中から自分に合うダンベルを見つけられるように、まずは選び方をご紹介しようと思います。

用途を考える


しっかり鍛えて筋肉をつけたい人、軽く運動するためにダンベルを使いたい人とで扱う重量も変わってきます。しっかりと鍛えてたい場合は、男性なら5~20kgほど、女性なら3~15kgほどのダンベルを買うことをオススメします。これほど重量に幅がある理由としては、鍛える部位によって扱う重量に差が出ることが挙げられます。逆に軽く運動をしたい場合は3~5kgのダンベルをオススメします。

可変式or固定式


ダンベルには大きく分けて「可変式」と「固定式」の2つに分けられます。

可変式は重り(プレート)を取り換えることができます。逆に固定式はすでに重さが固定されています。基本的にはしっかりと鍛えたい場合は可変式、軽く運動したい場合は固定式をオススメします!

詳しくはこちらの記事で

https://a-lift.net/wp-admin/post.php?post=438&action=edit

値段


予算もダンベルを選ぶうえで重要になってきます。もちろん丈夫で使いやすいものは値段が高くなります。しかし、比較的安いものでも使い勝手がよかったりと、コスパを考えると安くていいダンベルもあります。そこは財布と相談して選ぶ必要が出てきます。

オススメのダンベル


1つ目は“IROTEC(アイロテック)"のラバーダンベルセットです!

ダンベルを扱っている企業の中でも特に知名度のある会社で、使いやすく安心感のある商品です!また、重りにラバーがついているので、床に置いても傷がつかないので安心です。

2つ目は“FIELDOOR"の ダンベルです!

最大で片方20kgまでの重量を扱うことができるので、しっかり体を鍛えたいひとにもオススメのダンベルです!プレートの表面がポリエチレン加工されているのでダンベル同士がぶつかったときに大きな音がなる心配もありません!また、持ち手の部分を伸ばすことが出来るジョイントシャフトがついてくるセットもあるので、より幅広く鍛えることが出来ます。

3つ目は“Wout"のバーベルにもなるダンベルです!

非常にコスパに優れているダンベルで、なんと(2021/5/10/1:15時点で)3699円からお買い求めいただくことができます! なんとAmazonでダンベル売れ筋ランキング1位も獲得したことがある商品で、レビューも高評価が多くついています。持ち手の部分を伸ばすことでバーベルにもなり、プレートも8角形なので勝手に転がっていく心配もありません!まずは家で筋トレを始めたい人におすすめです。

4つ目は“BeryKoKo"のラバー ダンベル2個セットです!

固定式ダンベルで、重さごとに色が展開されており、おしゃれなのでインテリアの一部として扱うこともできます。また、六角形なので床を転がっていく心配がありません! その他にも、合成ゴム素材でできていることから、床への傷ができにくいように配慮されています。軽い重量も展開されているので女性にもおすすめです!

5つ目はMOJEER"のダンベルです!

こちらも4つ目に紹介した"BeryKoKo"のダンベル同様、重さによって色が展開されています。鉄アレイの鉄を使用せず、特殊なコーティングを施すことで、長年経っても錆びる心配がいりません! また、その表面コーティングがゴムのため、床が傷つきにくくなっています。重量によっては999からお買い求めいただけるのも特徴です。

さいごに


ダンベルを選ぶ際は用途、値段、可変式か固定式にするかによって買う商品を選ぶべきだということが分かりました。

いかがでしたでしょうか。この記事でほしいダンベルが見つけられれば幸いです。